ドーパミン 増やす サプリ

ドーパミンを増やすサプリメントでおすすめはコレ!

ドーパミンの役割とは?

意欲ややる気・目的意識といった自分を動かすための動力ってとっても重要ですよね。

 

このやる気を左右する脳の神経伝達物質がドーパミン。

 

意欲ややる気も単に性格的なものではないんですね。

 

どうしたらドーパミンが出るの?

 

ドーパミンが不足すると目的意識が持てなくなりやる気が激減するほか、うつ病発症の原因にさえなります。

 

そうならないために、ドーパミンを増やすための行動をとりたいものですね。

 

ドーパミンはその元となるアミノ酸をしっかり摂る必要があります。

 

精神的なストレスなどにより神経伝達物質のバランスが崩れることも多いので、ちょっとした生活上の対策が必要です。

 

例えば笑うこと。

 

とにかく笑ってみるだけで、脳のドーパミン分泌レベルは有意に改善します。

 

その他、体が快楽を感じるような行為は基本的にドーパミンの分泌を助けます。

 

例えば、大好物の食品があるならばそれを食べて舌鼓を打ったり、お酒が好きならば適度にお酒を楽しんだり、またジョギングなどはドーパミン分泌に有効とされます。

 

また、ドーパミン分泌を助けるサプリメントを試してみるといいかもしれません。

 

ここでは、ドーパミン分泌に効果的なサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

 

たっぷく本舗

 

 

 

自然食品のムクナ豆(八升豆)【たっぷく本舗】の公式サイトはこちら


 

  • たっぷく豆こがね散は、天然のLドーパをはじめチロシン・トリプトファン・鉄分などを配合したサプリメント
  • たっぷく豆は天然のドーパミンといわれるLドーパを豊富に含んでいます。
  • たっぷく本舗は農薬不使用・無添加のたっぷく豆を使用しています。

 

 

価格

6,698円(税抜)

内容量

3g×45包(135g)

備考

お徳用もありますので、公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

たっぷく本舗の総評

 

ムクナ豆の成分で際立っているのは、ドーパミンの直接の原料になる「Lドーパ」、同じくドーパミンのもとになる必須アミノ酸「フェニルアラニン」、アミノ酸「チロシン」と「鉄分」です。

 

「パーキンソン病」の症状(筋肉が硬直して動きにくくなる、歩けなくなる、身体が満足に動かせない、など)緩和には「Lドーパ」と「フェニルアラニン」「チロシン」が効果を発揮します。

 

また、「むずむず脚症候群」の症状緩和には「Lドーパ」「フェニルアラニン」「チロシン」と「鉄分」が効果を発揮します。

 

さらには、すべての必須アミノ酸が含まれているので神経や筋肉によく働きその緊張を和らげるとともに機能向上に役立ちます。

 

 

自然食品のムクナ豆(八升豆)【たっぷく本舗】の公式サイトはこちら


 

 

 

 

 

 

セロトアルファ

 

 

 

うつ・不眠に。セロトアルファの公式サイトはこちら


 

  • 大麦発酵酵素は脳内に存在する神経伝達物質のセロトニンの作用を強める働きを持つ貴重な成分です。
  • セロトニンの作用が強くなると脳内の活性化にもつながります。
  • ドーパミン生成に必要なトリプトファンやビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなどの栄養も含まれてます。セロトニンとドーパミンの最適なバランスを保つのにも効果的!

 

 

価格

5,980円(税抜)→定期購入初回50%オフ2,990円(税込)

内容量

90粒

備考

2回目以降は5000円(税抜)となります。3回以上の継続が条件です。

 

セロトアルファの総評

 

 

 

うつ・不眠に。セロトアルファの公式サイトはこちら


 

大麦発酵酵素は脳内に存在する神経伝達物質のセロトニンの作用を強める働きを持つ貴重な成分!

 

セロトニンの作用が強くなると脳内の活性化にもつながります。

 

セロトアルファにはフェルラ酸も含まれており、記憶力の低下、認知症などの予防・改善にも役立ちます。

 

また、セロトアルファはドーパミン生成に必要なトリプトファンやビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなどの栄養も含まれており、セロトニンとドーパミンの最適なバランスを保つのにも効果的です。

 

 

 

ドーパミンの役割とは?

 

私たちは、学生時代も、大人になって社会に出ても、意欲ややる気・目的意識といった自分を動かすための力がとても重要です。

 

やる気がなくルーティンで毎日を送っていると、いたずらに時間だけが過ぎていくことになります。

 

ドーパミンを増やすサプリメントでおすすめはコレ!

(『ヒメアノール』より)

 

この自分を動かす動力について、昔は研究されることもなく性格的なものだと思われていました。

 

あるいは根性がないとか、育て方が悪いとか、無神経に決めつけられることもありますよね。

 

しかし、現在はこのやる気を左右する脳の神経伝達物質が存在することがわかっています。

 

それがドーパミンです。

 

ドーパミンが出る仕組みとは?

 

当然ですが、我々は報酬があるからこそ何かを行おうと考えます。

 

例えばお金を得られるから働いたり、喜んでもらえるから頑張ったり、モテたいから筋トレをしたり・・・。

 

そして、この報酬を得るために動こうとする意欲や報酬を得たときに快感を得るメカニズムとして、「報酬系」と呼ばれる神経系統に関わっているのがドーパミンです。

 

ドーパミンを増やす食べ物

 

増やす食べ物

 

ドーパミンは、チロシンというアミノ酸で構成されいますので
チロシンを多く含む食品を摂れば良いということです。

 

チロシンは、つまりタンパク質でチロシンを多く含む食品は

 

大豆

 

かつお まぐろ

 

 

タケノコ

 

アボガド

 

アーモンド

 

チーズ ヨーグルト など

 

上記のようにドーパミンを増やすための食品は
納豆や豆腐など大豆製品や肉です。
例えば、朝食には納豆、ご飯、みそ汁(揚げと豆腐)
デザートにヨーグルト、昼食は、鶏のから揚げ、
夕食は、アボガドのサラダ、タケノコの煮物、
おやつとして、アーモンドを摂るといいですね。

 

 

おやつであれば、ヨーグルトにバナナ、レーズン、クラッシュした
アーモンド、ピーナッツを加えると食べやすいと思います。

 

わたしは、玄米入りご飯をお茶碗に8分目にして、納豆、豆腐の味噌汁は
毎日食べています。夕食も軽めで済ませます。またお酒は禁止。

 

お酒は、食欲が増進されたり、睡眠の質が低下したり、過度のアルコール
によって睡眠障害になる場合もあります。

 

またコーヒーもドーパミンが出ますが、午前中に飲むといいですね。
コーヒーに含まれるカフェインは、約4時間で消失すると言われています。
過度のカフェインは、セロトニンを減らし、ストレスを高める場合があるようです。

 

 

ドーパミンが増えるとどうなるの?

 

ドーパミンが増える食品を摂るように気を付けて、また生活習慣の改善に取り組んだ結果
1ヶ月ほどで少し変化がありました。以前なら、車の運転で少し渋滞だとイライラして
いましたが、今では落ち着いていられますし、仕事で苦痛を感じていた作業も楽にこなせる
ようになりました。

 

また、意外な効果ですが、少し体重が減り、体調が良くなりました。
これは、精神的に落ち着いてきたことから、食欲がコントロール
できるようになったからだと思っています。

 

 

ドーパミンを増やす習慣とは

 

ドーパミンを増やす食べ物を摂りながら、生活習慣を改善してみましょう。

 

酒をやめてみる

 

早寝早起きをする

 

達成可能な目標を立てる

 

軽めの有酸素運動をする

 

机や部屋などの整理整頓をする

 

 

これらの方法は、ドーパミンを増やすために有効です。
いずれにしても、最近やる気がわかないという方は、
大豆や肉などタンパク質が豊富な食べ物を意識して摂るようにして
生活習慣も改善するとGOODです。

 

 

ドーパミンを増やすサプリの人気ランキングはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読